うま生飯塚 ビールの美味しい町を目指します。

うま生飯塚とは?

☆ 地元飯塚のために何かしたい!!

このプロジェクトは、発起人もひ(現企画担当)が以前、関東の飲食店で店長をやっていた際に、 「うまい生ビール」にこだわって提供していた経験をもとに、 「うまい生ビール」で地元飯塚をもっと盛り上げることはできないだろうか? そんな想いから『うま生飯塚』プロジェクトは生まれました。

☆ お店の印象は生ビールで決まる!!

とりあえずビール!お店で最初に口にするのが生ビールという方は多いはずです。 しかし、飲食店で生ビールを注文した際に「あれっ?味が・・・臭いが・・・」と感じたことはありませんか? 生ビールが残念だとその後のお食事も期待できないなんてことに。

☆ うまい生ビールは管理次第!!

生ビールはその名の通り「生」です。 加熱処理をしていないため管理が不十分だとうまい生ビールは提供できません! 逆を言えば、管理をしっかりすることで「生ビール本来の味」つまり「うま生」を提供できるんです!

☆ うま生でみんなハッピー

  • 【お客さん】飯塚に行けばうまい生ビールが飲める!
  • 【店舗さん】今ある生ビールを管理することでお客さんに喜んでもらえる!
  • 【ビールメーカーさん】本来の味を飲んでもらえる!

☆ 全国初?!

国内のビールメーカー4社全ての生ビールがうまい街というのは意外にも「全国初」なんです! うまい生ビールが飲める「食の安心・安全」で飯塚市全体を盛り上げていく。 それが「うま生飯塚」プロジェクトです。


飯塚でうまい生ビールを飲んで、一緒に飯塚を盛り上げていきましょう!

うま生飯塚に参加される飲食店さんには「うま生基準」を設けています。

うま生基準とは?

その1.注ぎ方

ビールは泡が立たないように注ぎ、仕上げにクリーミーな泡を注ぐこと!

泡が粗いと炭酸が抜けやすい
クリーミー泡でフタをすれば炭酸が抜けにくい

ビールは炭酸が命!炭酸が抜けにくいと最後まで美味しく飲めます!!

その2.グラスの洗浄

グラスの内側に着いた油分や汚れをしっかり落とすこと!

内側の泡はグラスに油分が残っている証拠
しっかり汚れがとれていると泡がつきません


※アサヒ「スーパードライ・エクストラコールド」はビールを0度~‐2度まで冷やしているため、グラスが瞬間的に凍結する場合があるのでグラスの内側に気泡がつくとこがあります。 エクストラコールドは厳しい条件をクリアしている限られた店舗にしか置かれていないため、多少の気泡がついていても安心して飲んでいただけます。

その3.サーバーの管理

サーバーを決められた基準で洗浄すること!

取れにくいサーバー内に付着した汚れを丁寧にしっかり洗浄しないと味が劣化します。

ガスの管理、温度管理を行なうこと!

樽生ビールはサーバー内で炭酸ガスを合わせる為、その日の気温に合わせたガス圧の調整が必要です。

©2017 UMANAMA.